24のエントリーパターン集の詳細

MENU

エントリー・エグジット24のエントリーパターン集の詳細

マルチタイムの循環について

「長期」「中期」「短期」、それぞれで上昇、下降のどちらかと判断した場合、全部でA〜Hの8つの相場状況があり、それぞれが循環しながら相場は動いていきます。

 

これを、マエストロFXの著者の佐野さんはマルチタイムの循環とおっしゃっています。

 

A. 長期足【上昇】 中期足【上昇】 短期足【上昇】 
B. 長期足【上昇】 中期足【上昇】 短期足【下落】
C. 長期足【上昇】 中期足【下落】 短期足【下落】 
D. 長期足【上昇】 中期足【下落】 短期足【上昇】 
E. 長期足【下落】 中期足【下落】 短期足【下落】 
F. 長期足【下落】 中期足【下落】 短期足【上昇】 
G. 長期足【下落】 中期足【上昇】 短期足【上昇】 
H. 長期足【下落】 中期足【上昇】 短期足【下落】

 

なお、この分類では、トレンド・レスで『不明』の状況という場合もありますが、少なくとも小トレンドが発生しているということを前提とし、日足がレンジ相場であっても価格自体がレンジ内で上昇していれば【上昇】と観ています。

 

エントリー・エグジット24のパターン集は、これら8つの相場状況で、どういったトレードをしていくのか?というトレードプランをまとめたものです。

 

文字で見ると難しそうに見えますが、PDFを読んで頂ければ、考え方は非常にシンプルになっていることがわかって頂けるはずです。

 

エントリー・エグジット24のパターン集の使い方

ステップ1


まずチャートを開いていただき、8つの相場状況のうち、どの状況になっているのかを判断します。

 

上昇下降の判断は目で見て判断できるようにしたので、上昇か下降か判断に迷うことは少なくなっています。

 

ステップ2


次に、一覧表から当てはまる状況を8つのパターンから選びます。

 

ステップ3

次に、選んだパターンの特徴などを把握し、どのようなトレードができるのかを確認します。

 

そして、実際のチャートを見ながらトレードプランを立てていきます。

 

後は、チャートの動きを確認して、ポイントまできたならエントリーを執行するという流れになります。

 

エントリー・エグジット24のパターン集のケーススタディ

ケーススタディはトレーニング動画「Lesson-basic」から、当てはまる状況をピックアップして掲載しています。

 

24のパターン集でトレードプランを考えたからといって、すぐにエントリーできるわけではなく、エントリーできる状況になるまで「待つ」ということが必要なります。

 

そういった時間を利用して、ケーススタディのトレーニング動画を確認したりすると、効率よくマエストロFXを学ぶことができるはずです。

 

 

パターン集を使い実際にトレードをした結果

(クリック拡大)

 

期間:2016年4月4日〜2016年4月30日
成績:36戦24勝12敗
勝率:67%
合計:+368.1pips

 

デモ口座での成績です。

 

都合のよい部分だけを加工して載せていると思われる方もいるかもしれないので、一応動画でも公開しておきます。

 

 

同時にGMOクリック証券でもトレードを行っていましたので、合わせてそちらの成績も収録してみました。(今後トレードアイランドでトレードを公開することも検討しているので練習としてGMOクリック証券を使っています)

 

MT4とGMOクリック証券の成績に微妙に違いがありますが、GMOクリック証券でのトレードに慣れておらず、操作間違えなどがあったためです。

 

(この期間のトレードは3ヶ月カリキュラムの2ヶ月目のコンテンツを作成するために行ったトレードになるので、全て3ヶ月カリキュラム内で詳しい解説とともに公開しています。)

 

私なりの裁量判断はしていますが、この1ヶ月は全トレードを24のパターン集をベースにしてトレードを行いました。

 

1ヶ月間という短期間ではありますが、けしてやりやすい相場ではない中での結果なので、パターン集の優位性は感じて頂けるのではないかと思います。

 

24のエントリーパターン集PDFの全ページ縮小版